2010年02月17日

2010年2月15日NEWーSIOFUKIーBOYSver2が誕生!

2月15日京都拾得さんでライブを行いました。

その場所は以前時間切れで断わられた経緯もあり、ぜひそこでやりたいと思っていた場所でした。

今回は久々のライブで少し余裕を持って迎えましたが、ライブ3曲目で歌詞で出てこない、最初のコードが出てこないという大失態をしてしまいました。

当日は2号の父親も見に来られていてたのですが、非常に悔しく恥ずかしい思いをしました。また2号が現在東京に転勤となり、大阪での数少ない貴重なライブで失敗してしまったということで自分自身なんとも言えないライブとなりました。

以前FACーOB会に出席させていただいてから、少し気持ちに余裕が出来ていたのと、練習せずにでもなんとかなるという安易な気持ちが今回の失敗を招いた原因だと考えています。
2号ならびに2号の父親、その場のお客さんに非常に申し訳ないことをしてしまったなと考えています。

しかし・・・・・・・・

そこでめげている時間は我々にはありません。
失敗があって成長がある これまで何度も失敗してきたからこそ今の我々があるとそう前向きに思うようにしたいと考えています!そして初心をいつまでも忘れないという気持ちをあらためて感じました。

そして
2010年2月15日 この京都拾得ライブで 原点に帰った
SIOFUKIーBOYS ver.2
 が誕生しました!

これからは我々のことを
SIBO2(シボツー)
と呼んでください!
ファミ通ではありません・・。


・絶対に失敗しない人というのは、何も挑戦しない人のことです。
byイルカ・チェース

 

・失敗とは、よりよい方法で再挑戦するいい機会である。
byヘンリー・フォード

 

・大失敗するものだけが大成功を収める。
byロバート・ケネディ

 

・物事は失敗に終わっても人は失敗に終わらない。
byウィリアム・D・ブラウン

 

・批判を受けないための方法……何もしない、何も言わない、存在すらしない。
byエルバード・ハバード

 

・失敗に対する理由は400万もあるが、わびの言葉は一つたりともない。
byラドヤード・キプリング

 

・過失は恥じるべきだが、過失を改めるのは恥じるべきではない。
byルソー

 

・失敗はつまずくことではない。つまずいたままでいることだ
作者不詳

 

・過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。
by H.ヘッセ

--------------↑NEW↑-------------

・私に若年が二回、老年が二回あれば、私の過失を改めることが出来るだろう。
byエウリピデス

 

・賢者達に過(あやま)ちがなかったとすれば、愚者達は絶望するしかないであろう。
byゲーテ

 

・過失の弁解をすると、その過失を目立たせる。
byシェークスピア

 

・間違いをせずに生きるものは、それほど賢くない。
byフランスの諺

 

・我々は自己の過失を利用しうるほど長生きはしない。一生を通して過失を犯す。
そして多くの過失を犯した末、できうる最上のことは改心して死ぬことである。
byラ=ブリュイエール

 

・どんな過ちも犯さない人は、常に何事も為さない人である。
byフェルプス

 

・過失を率直に告白することは、それが無罪となる一つの段階である。
byシルス

 

・成功の一瞬間は、失敗の数ヵ年をつぐなう。
byブラウニング

 

・失敗は落胆の原因ではなく、新鮮な刺激である。
byサウザーン

 

・失敗は大きく二つに分けられる。考えたことを実行しなかった場合と、
考えずに実行してしまった場合だ。
byジョン・チャールス・サラック

 

・間違いと失敗は我々が前進するための訓練である。
byチャニング

 

・失敗の最たるものは、失敗した事を自覚しない事である。
byカーライル

 

・コップを唇に持っていく間隔までには多くの失敗がある。
byイギリスの諺

 

・四本の足をもつ馬でさえつまずく。
byイギリスの諺

 

我々は、一人の人間の徳からよりも、失敗から多くのことを学ぶだろう。
byロングフェロー

 

・間違ったことをして、それに苦しむことができない人間くらい、
たびたび間違ったことをする人間はいない。
byラ・ロシュフコー

 

・私の最大の栄光は、一度も失敗しないことでなく、倒れるごとに起きることにある。
byゴールドスミス

posted by SioFuki-Boys at 23:30| Comment(927) | TrackBack(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。